インフォメーション

新松戸の中古マンション売却時の瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)とは

新松戸の中古マンション売却時の瑕疵担保責任

新松戸の中古マンションで売却活動を行う事は相当の労力を要します。査定をしてもらい、それが適正な値段か調べたり、購入時の契約書関係を揃えたりやる事は山ほどあります。そんな中古マンションの売却が成立し、引き渡しでひと段落するかというとそういうわけではありません。中古マンションを引き渡した後も実は「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」というものがあります。これをしっかり把握しておかないと、マンション売却後も買い主とトラブルに発展する可能性があります。そこで今回は新松戸の中古マンション売却時の「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」とはどういうものなのかご説明いたします。

新松戸の中古マンション売却時における瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)とは?

新松戸の中古マンション売却時の瑕疵担保責任

「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」とはもともと、消費者を保護する法律として不動産に限らず、普通の人ではなかなか気づけないような瑕疵(かし)、つまり欠陥があった場合、売り主に賠償責任を問うことが出来る法律です。新松戸の中古マンションなどの不動産に例えれば、雨漏りであったり白アリによる建物の被害であったり、給水管や排水管の故障などが該当致します。これらは買い主がその後そこで生活するうえで支障などが起こり、生活できない状態に陥るためです。仮に売り主が気づいてなくても、このよう欠陥が見つかった場合、中古マンションが売却後した後であっても、売り主はその欠陥個所を修復する義務があります。これらが果たせなかった場合、買い主は契約を解除することも可能です。このため売り主は中古マンション売却時、買い主に対してマンションの状態について事前に悪くなっている箇所をすべて買い主に報告する必要があります。

※ あくまで中古マンション専有部分に関してであり、共用部分で見つかった不具合は責任は問われません。

※2 最近では設備の欠陥だけでなく、心理的な瑕疵担保責任(生活騒音や死亡事故などの事例)によって契約を解除されるケースもあります。

 

新松戸の中古マンション売却時における瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)の期間は

新松戸の中古マンション売却時の瑕疵担保責任

新松戸の中古マンション売却後、買い主に報告していなかった欠陥が見つかった場合、当然この瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)が発生いたします。この法律が適応される期間はどの程度なのでしょうか。

 

民法上の規定では「買い主が欠陥の存在を知ってから1年内」であれば、売り主へ損害賠償や補修工事を依頼できるとされています。ただし「欠陥を知ってから1年間」ということのため、引き渡し後の10年後であっても欠陥が見つかれば請求が可能ということになります。ここまでくると売り主にかなり不利な法律に見えますが、実際の場合は契約上でこの瑕疵担保責任(かしたんぽせきん)の期間を定める場合がほとんどです。この期間については中古マンションの売り主が個人である場合、引き渡し後、2~3ヶ月で定める場合が一般的です。不動産会社である場合は引き渡し後、最低でも2年はこの瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を負わなければなりません。さらに古い物件に関して瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を問わない契約が結ばれる場合もあります。

しかしいずれにしても、中古マンション売却時、売り主が買い主に対して欠陥個所に対して事前に説明していた場合にこの契約が有効となるため、故意に隠していた場合は契約が無効になったり、損害賠償を請求される可能性があります。

 

 

新松戸の中古マンション売却時の瑕疵担保責任のトラブルを防ぐには

新松戸の中古マンション売却時の瑕疵担保責任

このように新松戸の中古マンションは売却時に注意しないと、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を問われるばかりではなく、損害賠償請求に発展する恐れも有ります。ではこの瑕疵担保責任(かしたんぽせきん)のトラブルを防ぐにはどのようにすれば良いのでしょうか?

 

トラブル回避方法① 事前説明をきちんとする

欠陥を伝えてしまうと、買い主がマンションを買ってくれなくなる可能性は確かにあります。また売却時に買い主が想定した値段よりも安く売らなければなることもありえます。しかし後で新松戸の中古マンションにおいて欠陥が発見した場合、修繕費用はもちろん、場合によっては裁判にも発展する可能性があります。設備の欠陥等はもちろん、騒音や誰かが死んでしまった過去などを包み隠さず買い主に説明することがトラブル回避の一番の近道となります。

 

トラブル回避方法② クレーマーとなりうる買い主には売らない

売り主としては早く中古マンションを売りたいところですが、クレーマーになりそうな買い主に売った場合、のちのちトラブルにつながる可能性があります。売却時にしつこく値引きを迫ってきたりする人がいる場合はとくに注意してください。そういう方は始めの時点で断るべきです。

 

トラブル回避方法③ 第3者によるホームインスペクション(住宅診断)を入れる

新松戸の中古マンション売却において、トラブル回避をする方法として、ホームインスペクション(住宅診断)を入れることです。住宅診断と呼ばれる専門の業者がおり、売り主や買い主に代わって建物の状態を調査したり、地質の調査などを行ってくれます。中古マンション売却において最近注目されています。特に売り主でも気づけないような専門的な個所を調べてもらうにはうってつけです。ホームインスペクションの費用は5~10万円ほどかかりますが、売り主にとっては瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)のリスクヘッジとして、有効な手段となっています。

 

新松戸の中古マンション売却時の瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)についてのまとめ

新松戸の中古マンション売却時の瑕疵担保責任

今回、新松戸における中古マンション売却時の瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)の詳細や期間、トラブル回避方法についてご説明いたしましたが、いかがでしたでしょうか。中古マンションは引き渡し後でも安心できるとは限りません。買い主に対してきちんとした説明責任を果たした上で、契約が成立することで初めて中古マンション売却が出来たと言えます。後々のトラブルに繋がらないように、この瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を理解したうえで新松戸の中古マンション売却を行っていきましょう。

 

新松戸の中古マンションの売却や購入のことならアールフィールズへ

馬橋・新松戸のアールフィールズ株式会社

アールフィールズ株式会社は中古マンションの売買だけでなく、不動産管理、賃貸仲介、修繕工事、リフォーム工事までを自社で一貫して行う総合不動産商社です。いままで数多くの中古マンション&リフォームの実績があり、多数の中古物件を再生させてきました。また物件管理業においても、みなさまのご紹介などで毎年順調に数を伸ばしています。私たちは適正な仲介で地域社会に活力をもたらし、地域社会の治安向上に貢献し、地域社会の街造りに努める不動産会社を目指しています。もし中古マンションの購入でお悩みならば、ぜひアールフィールズ株式会社へお気軽にご相談ください。電話でもメールでも受け付けております。(後から無理な営業などは決して行っておりませんのでご安心ください。

 

ポータルサイトや他社のサイトで気になる物件がございましたら、そちらもご遠慮なくご相談ください!

 

松戸市にたくさんの人が移り住み、街の活性化に貢献できることが私たちの願いです。

 

 

アールフィールズ株式会社の詳細

馬橋・新松戸のアールフィールズ株式会社

HP https://r-fields.co.jp/

千葉県松戸市西馬橋蔵元町183-2F

フリーダイヤル 0120-210-327

TEL 047-701-7935

FAX 047-701-7936

メール info@r-fields.co.jp

お問いあわせページ https://r-fields.co.jp/inquiry

定休日 水曜日

営業時間 10:00 ~ 19:00

→管理物件の事例はこちら←

→工事業務についてはこちら←

 

松戸市の物件オーナー様だけでなく、マンションやアパートの住人のみなさまからもたくさんご質問などをいただいております。

賃貸管理・物件工事のお問い合わせはお気軽にこちらまでお問合せ下さい。


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0