インフォメーション

新松戸の中古マンション売却のカギはホームインスペクションにあり

新松戸の中古マンション売却、ホームインスペクション

中古マンションは不動産市場で出されることが多くなり、現在の不動産売買において最も多く取引されているといっても過言ではありません。そんな中古マンションですが、平成30年4月1日に宅地建物取引法業法の一部が改正されたことに伴い、売買契約で必要な「媒介契約書」「重要事項説明書」「(売買・賃借・交換の)契約書」の3つの書類に、「ホームインスペクション」(住宅診断)の説明が義務化されました。これは中古マンション売買で今後大きな影響を与えると言われています。では新松戸の中古マンション売却のカギを握る、ホームインスペクションについて、ご説明いたします。

新松戸の中古マンション売却時のホームインスペクションとは

新松戸の中古マンション売却、ホームインスペクション

ホームインスペクション(住宅診断)とは床や柱、外壁、天井などの建物の基礎となる部分や、屋根や外壁・内壁など雨水を防ぐ部分、水道管や排水管などの水回り部分などを調査することです。つまり中古マンションで生活するうえで基礎的な部分に問題ないかを調査するのがホームインペクションです。中古マンション売却後、これらの部分において不備があり、それを買い主に説明していなかった場合、売り主に瑕疵担保責任が発生し、修繕費用などを払わなくてはなりません。しかし排水管や雨漏りの性能などは普通の人では判断が難しく、売り主、買い主ともに気づきにくいです。売却後に生活の基礎部分の不具合によってトラブルにつながるケースも多くあります。そこでこのホームインスペクションを行う専門家、第3者の視点から住宅の基本的な性能を調査してもらうことで、売り主、買い主双方にとって納得のいく契約が成立しやすくなります。

中古マンション売却時のホームインスペクションの説明の義務化の背景とメリット

新松戸の中古マンション売却、ホームインスペクション

ホームインスペクションの説明義務化の背景

この「ホームインスペクションを実施したことを説明する」ことを義務化した背景には、昨今中古マンションに限らず、中古住宅が増加の傾向になっており、住む人のいない空家などが増えてきているため、これらをいかに活用していくかが現在の課題となっています。しかし、中古マンションの価値や性能を客観的に見れるものがないため、不安に思い、中古マンションをさけてしまう方もまだいらっしゃいます。そこでホームインスペクションの説明を義務化することで、客観的に見える価値基準が見えるようになり、中古マンションの流動化が促進されることが狙いとされています。

 

中古マンション売却時にホームインスペクションを入れるメリット

このホームインスペクションですが、あくまで書類上における説明義務が施行させるだけで、ホームインスペクション自体はやらなくても法的には問題はありません。しかしホームインスペクションを実施するメリットは大いにあります。まず、買い手側ですが、新松戸の中古マンションを購入前に建物の不具合が何かあるかを第3者から知ることが出来ます。そのため中古マンションに住んだ後に発覚するより心理的に楽になるうえ、価格交渉時の材料にすることも出来ます。売り主側としては、売り主が今まで気づけなかった不具合を見つけることで、売却後の不具合を補償する瑕疵担保責任への不安を取り除くだけでなく、ホームインスペクションをしているということ自体が一種の価値となるため、買い手にもアピールしやすくなるメリットがあります。

 

 

新松戸の中古マンション売却時のホームインスペクションの費用

新松戸の中古マンション売却、ホームインスペクション

新松戸の中古マンション売却時のホームインスペクションの費用は、物件の面積や状態によって変わり、さらに診断内容によっても変わってくるため一概に値段は決まっていませんが、一般的な値段としては5~10万円ほど掛かると言われています。調査に関しては2~3時間ですが、より精密な調査となれば、半日以上の時間が掛かり、費用もより増えます。このホームインスペクションの費用は基本的には売り主が負担することが多いです。契約方法によっては買い主との契約によって調査費用を互いに負担しあうことも可能です。またホームインスペクションの重要性が高まっていることもあり、最近ではこのホームインスペクションの費用を仲介する不動産会社が負担してくれるケースも徐々に増えてきており、一概に売り主が負担するとは限らなくなりました。

 

新松戸の中古マンション売却時のおけるホームインスペクション まとめ

新松戸の中古マンション売却、ホームインスペクション

・2018年4月より宅地建物取引業法によってホームインスペクションの実施の有無の説明が義務化

・ホームインスペクションの説明義務化には中古物件の価値の可視化によって流動化させるのが狙い

・ホームインスペクションは買い主、売り主の双方にメリットがある

・ホームインスペクションの費用は売り主負担が多いが、買い主と共同負担や不動産会社が負担することもある

 

今回、新松戸の中古マンション売却時における、ホームインスペクションについての内容や説明義務化の背景、メリットや費用についてご説明しましたが、いかかでしたでしょうか。ホームインスペクションという資格自体はまだ日本では知られていませんが、2018年4月の宅地建物取引業法の改正によって、より注目されることは間違いないでしょう。その証拠に大手のサイトなどではホームインスペクションの有無が検索対象に上がっているほどです。また、ホームインスペクションは買い主にとってはわかりやすい判断基準となり、売り主にとっては売却後の不安を解消することができ、双方にとって利益があることは間違いありません。今後の傾向としても、心理的な不安を取り除くためにも、新松戸で中古マンションを売却する際にはホームインスペクションを導入することをお勧めいたします。

 

 

新松戸の中古マンションの売買のことならアールフィールズへ

 

馬橋・新松戸のアールフィールズ株式会社アールフィールズ株式会社は中古マンションの売買だけでなく、不動産管理、賃貸仲介、修繕工事、リフォーム工事までを自社で一貫して行う総合不動産商社です。いままで数多くの中古マンション&リフォームの実績があり、多数の中古物件を再生させてきました。また物件管理業においても、みなさまのご紹介などで毎年順調に管理戸数を伸ばしています。私たちは適正な仲介で地域社会に活力をもたらし、地域社会の治安向上に貢献し、地域社会の街造りに努める不動産商社を目指しています。もし中古マンションの購入でお悩みならば、ぜひアールフィールズ株式会社へお気軽にご相談ください。電話でもメールでも受け付けております。(後から無理な営業などは決して行っておりませんのでご安心ください。

 

ポータルサイトや他社のサイトで気になる物件がございましたら、そちらもご遠慮なくご相談ください!

 

馬橋・新松戸のアールフィールズ株式会社

松戸市にたくさんの人が移り住み、街の活性化に貢献できることが私たちの願いです。

お問いあわせページはコチラから https://r-fields.co.jp/inquiry


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0