インフォメーション

新松戸で中古マンションを売却しやすい時期について

新松戸で中古マンションを売却しやすい時期

中古マンションを売却を検討している方はなるべくなら早めに売りたい!と考えるでしょう。松戸市内においても比較的中古マンションが多い新松戸でも売却を検討している方は多数います。しかし中古マンションにも時期によって需要があり、売りやすい時期というのがあります。では中古マンションを売却し始めるのはいつが良いのでしょうか?そこで今回は新松戸で中古マンションの売却を考えいている方に売りやすい時期についてご紹介します。

 

新松戸で中古マンション購入者が購入を検討して決めるまでの期間

新松戸で中古マンションを売却しやすい時期

新松戸で中古マンションを売却する時期を考えなければならないのは、中古マンションの購入を考えている人がどのような行動をとるかということです。中古マンションだけでなく、家を買うというのは大きな決断です。そのため、どの中古マンションを買うか検討するにもかなりの時間が掛かります。また購入者が投資用ではなく、住むことを検討している場合はいつごろまでにそこに引っ越したいという時期を決めている方が多いです。加えて中古マンションは新築マンションと違ってCMや電車の広告などが出されることはあまりありません。そのため、購入者はインターネットなどで探し始し始めるため、大体1~2か月の期間を掛けて物件に目星をつけています。そこから物件の内覧などにさら1ヵ月かかり、契約を決める期間を考えると、購入の検討から決定まで大体3~4か月程度の期間が掛かります。

 

新松戸で中古マンションを売りやすい時期は

新松戸で中古マンションを売却しやすい時期

では新松戸で中古マンションの売却がしやすくなる時期とはいつ頃なのでしょうか。大抵の人は住居の変更を考えるのはライフスタイルの変化であったり、転職や転勤などが理由です。転職や人事異動などによって、違う場所に働き始めるのはたいてい4月もしくは10月です。加えて、購入検討者に子供などがいた場合、進学、あるいは学年が上がることなどを考慮し、3月までには引っ越しを済ませようとします。こういった引っ越しや人事異動が起きやすい時期に加え、先ほど説明した、購入を検討してから実際に契約に至るまでの期間を踏まえると、中古マンションを売りやすい時期は早くて11月、遅くても3月だと言われています。

新松戸で中古マンションの売却を検討している際は、この時期を踏まえて売りに出してみましょう。

 

新松戸の中古マンションが3月を過ぎても売却できなかった場合

新松戸で中古マンションを売却しやすい時期

中古マンションが売りやすい時期である3月を超えてもなお売れなかった場合、そのままずっと売れないと考えてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、実はそうではありません。中古マンションはその時期を超えてもある程度の需要があるので、売ることは可能です。しかし。その時期を超えてなお売れなかった場合には、見直しが必要となってきます。ではどんな点を見直せばよいのでしょうか?

 

見直し点① 相場の確認と販売価格の修正

中古マンションが売りやすい時期というのは当然自分のマンションだけでなく、他のマンションも売り出されることが多い時期です。そのため売れなかった理由としてはその地域の相場の値段にあっていなかった可能性があります。そういった場合に早急に周りと合わせた値段設定をすることが大切です。また中古マンションの値段は一度市場に出回れば購入検討者から絶えずチェックされています。早めに売却を検討しているのなら値下げをすることで、購入者の目を引き、問い合わせへと繋げることが出来ます。

 

見直し点② 内容と掲載媒体の確認

中古マンションを検討している人のほとんどはインターネットを使って物件を探しています。そのため、見られる数が少なければ検討者も少なく売りにくくなります。中古マンションを掲載している媒体や内容の管理は不動産会社が行っているため、今一度、掲載内容やどのような媒体に載っているのか確認をしてください。「掲載写真が悪い」「掲載内容と実際の条件が違った」など理由は売却にかなり響くためチェックを怠らないようにしましょう。

 

見直し点③ 媒介契約する不動産会社の変更

3月末でも新松戸の中古マンションが売れなかった場合は不動産会社を変更してしまう手段もあります。中古マンション販売において、「専属専任媒介」「専任媒介」と、「一般媒介」という3種類の契約方法があります。

「一般媒介」は複数の会社と契約できるので、いろんな人に紹介できる分、他社の会社に成約を決められてしまう可能性もあり、そうなった場合は不動産会への報酬は全く入りません、そのため、販売活動もあまり積極的に行われていない可能性があります。

「専属専任媒介」「専任媒介」は1社しか契約できない分、他社との競争はないため、しっかりした販売戦略を立てることが可能です。不動産会社としても成約時には報酬が受けられるため力をいれて販売活動を行ってくれるので、中古マンションが売れなかった場合は信頼できる不動産会社を選び、専属契約を結びましょう。

新松戸で中古マンションが売りやすい時期についてのまとめ

今回、新松戸の中古マンションの売りやすい時期や、購入者が検討してから契約を結ぶまでの期間、時期を過ぎて売れなかった場合の方法などをご説明いたしましたがいかがでしたでしょうか。中古マンションに限らず人が移動しやすい時期は非常に物件が動きやすい時期です。購入者の行動や不動産会社の販売活動、自身のマンションの状態などを総合的に判断し、中古マンションの売却を成功させましょう。

新松戸の中古マンションの売却のことならアールフィールズへ

 

馬橋・新松戸のアールフィールズ株式会社アールフィールズ株式会社は中古マンションの売買だけでなく、不動産管理、賃貸仲介、修繕工事、リフォーム工事までを自社で一貫して行う総合不動産商社です。いままで数多くの中古マンション&リフォームの実績があり、多数の中古物件を再生させてきました。また物件管理業においても、みなさまのご紹介などで毎年順調に数を伸ばしています。私たちは適正な仲介で地域社会に活力をもたらし、地域社会の治安向上に貢献し、地域社会の街造りに努める不動産会社を目指しています。もし中古マンションの購入でお悩みならば、ぜひアールフィールズ株式会社へお気軽にご相談ください。電話でもメールでも受け付けております。(後から無理な営業などは決して行っておりませんのでご安心ください。

 

ポータルサイトや他社のサイトで気になる物件がございましたら、そちらもご遠慮なくご相談ください!

 

馬橋・新松戸のアールフィールズ株式会社

松戸市にたくさんの人が移り住み、街の活性化に貢献できることが私たちの願いです。

お問いあわせページ https://r-fields.co.jp/inquiry


Copyright c 2014 アールフィールズ株式会社 All rights reserved.

Fudousan Plugin Ver.1.7.0